船橋市、下総中山の眼科、白内障日帰り手術、緑内障は戸塚眼科

診療時間 電話番号
JR総武線「下総中山」駅 北口徒歩1分 JR駅前ビル ミレニティ4F

子供の病気

診療案内

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  子供の病気

子供の病気

小児期は結膜炎や怪我の他に子供ならではの注意しなければならない病気があります。
小さいお子様は、自分からは異常を訴えないので、大人が早く気付いてあげることが大切です。

先天性鼻涙管閉塞

涙は涙腺より分泌され目の表面を潤し、目元にある涙点よりまばたきの度に吸い込まれ、中継地である涙嚢を経て、最終的に鼻の中に至ります。泣くと鼻水が出るのはそのためです。
このルートのどこかが塞がっていると涙が溢れることとなります。
赤ちゃんには、この道が塞がったままの子供さんが時にみられます。滞った涙には細菌が繁殖しやすく、慢性の結膜炎になります。
目薬を使ってもなかなか眼脂がとれない場合には、この病気を疑ってみる必要があります。
 

睫毛内反(しょうもうないはん)

小さい子は、ふっくらとしたまぶたをしているので、人によっては睫毛が内側に向かって生えていて、まばたきの度に黒目が擦られ、傷になっている場合があります。
程度が軽ければ様子をみますが、ひどい時には黒目が濁ってしまうこともあり、手術が必要になることがあります。
いつも目を擦ったり、眼脂が多かったり、眩しがる子供さんは、一度調べてみましょう。

斜視

通常ものを見る時には、両方の眼が見ようとするものの方向に向いて、2つの眼でものを見ています。そして右眼で見た像と左眼の像を脳で統合して1つの像として捉えています。この両眼視の機能によって、遠近感がわかったり、立体的にものが見えるのです。
両眼視は生後より発達して、6歳ぐらいには完成します。
ところが片方の眼が見ようとするものの方向を見ているにも拘わらず、他眼は目標と異なる方向を向く場合があり、これを斜視といいます。

原因には、眼の筋肉や神経などの異常、遠視、両眼視の異常、視力不良などがあります。
斜視によって、治療法が異なりますので、まず眼科でよく診てもらいましょう。


○「眼鏡をかけて斜視を治療することがあるとききましたが?」

通常、私達の眼は近方視すると、眼内の筋肉が収縮してピント合わせる(調節)とともに、眼は少し内方を向きます。遠視眼では、クリアーにものを見るために常に調節がはたらいており、この調節に付随する内斜がおこります(調節性内斜視)。
遠視の眼鏡をかけると、眼が調節しなくても鮮明に見えるので内斜視が改善します。
ですから調節性内斜視は眼鏡装用が斜視の治療になります。
 

弱視

視力は生まれながらに備わっているものではありません。
生後ものを見て、眼から受けた視覚刺激で脳が正しく理解するようになるのです。

年齢による視力の発達
年齢 0ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 3歳 5~6歳
視力 0.01 0.1 0.2 0.6~0.9 1.0


視力は成長し、発達するものなのですが、この発達時期は限られていて、6歳ぐらいで完成します。
この期間に、眼の病気やケガでものをくっきりと見ることが妨げられると視力の発達は遅れてしまいます。
視力の発達が不良の状態を弱視といいます。

弱視の原因には、強い遠視や不同視、眼瞼下垂、先天白内障、斜視などさまざまなものがあります。
原因を突き止め、発達可能な年齢のうちに早く治療しましょう。学童期になると、治療しても殆ど効果が得られなくなります。
子供に眼帯をしないことも、形態覚遮断弱視を防ぐために大切なことです


★眼科医からのアドバイス★ 
「三歳児検診を必ず受けましょう」
小さい子供は、自分からは異常を訴えないので、大人も気付いてやれないことがあります。
3歳ごろになると、視機能検査ができるようになってきますので、三歳児検診は子供の眼の病気を見つける大切な機会です。
当院は、船橋市の三歳児検診の協力医療施設になっております。

 

目のがん

小さい子供さんの目にがんができることがあります。命にかかわるので早く治療しなくてはなりません。
特に網膜芽細胞腫では瞳が白く光ったり(猫目)、斜視になったりします。また横紋筋肉腫ではものもらいのようにまぶたが腫れてきます。

<猫目>

右眼は眼底に網膜芽細胞腫が発症しており、猫の目のように瞳が光っている

 

屈折異常(近視、遠視、乱視など)

学童期~思春期にこどもは近視が進む傾向があり、視力低下が起きてくる時期です。
中高生の2人に1人が裸眼視力1.0未満という統計がでています。視力が低下すると、黒板の字が見えにくい、ボールがみえないなど、学業やスポーツに支障をきたします。
小学校でも高学年になると、教室の後ろの席では、視力が0.7以下ですと黒板の小さな字や薄い字が見えません。また、0.3以下ですと最前列でも見えません。
適切な視力矯正を行うために、保護者の方の注意が必要な時期といえます。
また、視力低下は近視だけが原因とは限らず、眼の病気の可能性もあるため、視力の低下に気づいたら、なるべく早く眼科に相談して下さい。
そして、正しい度の眼鏡やコンタクトレンズを装用しましょう。


★眼科医からのアドバイス★
「学校から、要精査の検診結果の通知があれば、必ず眼科を受診してきちんと検査を受けましょう。」
健康な学校生活を送るうえで、学業に支障がない視力が必要です。
毎年の学校検診が、視力低下や眼位異常を見つけるよい機会となります。

 

Page Top